保護者さまの声

保護者さまの声

入室当初は、1歳3か月でしっかりとした会話は成立していない状態でした。しかし、気が付けば授業前後の挨拶の歌やカレンダーの歌を当然のように歌っており質問にもきちんと返答するよおになっていました。田川先生には何でも相談させていただきますが、すぐに良きアドバイスをいただき、本当に感謝しています。
入室してから手先がとでも器用になったと思います。特に器用になったと思う時は、積み木を積んでいるときです。また、優しさも芽生えてきたと思います。お気に入りのぬいぐるみにガーゼをかけて抱っこしてトントンして寝かしつけているときもあります。そのお気に入りのぬいぐるみを人に貸すことも最近できるようになり、本当に優しい子に育ってきてくれてよかったなと思う毎日です。
小さいころから習い事をするということに私は反対でした。受験のために教育を押し付ける様な気がしたからです。しかし、体験に行ってみると私の想像していたような勉強ではなく、楽しい遊びを勉強にしたようなものだったので入室を決めました。「こういう遊び方をすれば良いのか」「こういう風にしつけすれば良いのか」と私自身本当に勉強になり、子どもとの良い関係が築けました。
娘の口癖はまだ3歳児なのにすぐに「できない」を連発しては中途半端で終わらせていたのですが、課題の今月の詩やお話に一生懸命取り組んでくれるようになりました。先生が毎回かけてくださる「何でもできるんだよ」という言葉がけが、無意識の内に娘のやる気を伸ばして下さっていると思えるのです。
5歳になった息子は他の習い事もしていますが、田川先生のEQWEL教室だけは一度も嫌がったことがなく、親としても子供が楽しみながら通っている姿を見ることが嬉しく思います。他の人を思いやる言葉もよく出てくるし、いつも「お母さん〇〇してくれてありがとう」と言ってきます。
親子関係がギクシャクしたときも、田川先生に相談して適切なアドバイスをいただき、なんとか無事に乗り越えてこられました。夫婦間、家族の身近な関係性からの大切さをたくさん教えていただきました。おそらくEQWEL、先生と出会えていなければ日々の少しずつのズレが間違った方向にいっていたと思います。あ~卒業が本当に寂しい。悲しいです。また教室にお邪魔します。
娘が2歳になった頃にEQWELと出逢いがありました。初めは同じ年代のお子様と交流が持てるならどこでもいいかなと安易な気持ちで通い始めました。しかし、単にお勉強だけでなく生活面や心の面、そして言葉の大切さをたくさん教えて頂けたと心から思っております。
※画像クリックで拡大します。

お子さまの声

ぼくはEQWELに二年かんいきました。まいしゅう火よう日になるのがたのしみでした。いろいろなべんきょうがおもしろかったです。フラッシュカードやしゅうちゅう力カードやおうたのカードやはんたいことばのカードがすきでした。いつもどんなべんきょうをするのか、すごくたのしみでした。
たがわせんせいへ
まいしゅうたのしかったです。はんバーガーのつくるのや、二キーチンなど、いっぱいいっぱいたのしかったです。たがわせんせいにあえなくなるのは、すごくかなしいです。しょうがっこうにいってもがんばります。まいにちプリントやおべんきょうや、パズルなどをがんばります。またたがわせんせいにあいにきます。たがわせんせい、おせわになりました。ありがとうございました。