カテゴリー: フラッシュカード

2021年01月28日
右脳が育つ!フラッシュカードとは?

右脳が育つ!フラッシュカードとは?

見る力が脳の活性化に

右脳が育つ!フラッシュカードとは?

『見る』というごく自然とも思える行為ですが、目があれば、物が見えるわけではありません。

脳の成長なくしては『見る力』は育ちません。様々な取り組みを行い、しっかりと『見る力』を発達させることで、のちに物事を理解したり、考えたりする力にもつながっていきます。

EQWELの実践的プログラム「フラッシュカード」の4つの効果

EQWELでは、フラッシュカードと呼ばれる絵をかいたカードを、高速で裏から表にめくって大量に見せるプログラムを採用しています。
このプログラムでは脳が持っている力を発揮させ、脳の活性化を促す効果があります。

「フラッシュカード」の効果その1 脳が「活性化」する

右脳が育つ!フラッシュカードとは?

脳細胞は刺激を受けることで発達していき、3歳までの時期にはより驚異的な発達をみせます。なのでその時期に大量の名前・文字・言葉をインプットすることで知識の回路が育っていくといわれています。

また、左脳はゆっくりと低速で動く=理論の脳ですが、右脳は高速で動く=感性の脳と言われています。フラッシュカードを高速で動かすことによって、ゆっくり読む絵本と違って右脳により刺激を与えることができます。

1枚1秒前後というスピードなので、ごくたまに「こんなに早いとうちの子にはわからないのでは・・・」と心配される親御さんがいらっしゃいますが、ご安心ください。子どもの脳は想像以上に吸収力があり、右脳に働きかけるためにもこのスピードが重要になってきます。

「フラッシュカード」の効果その2 ひと目で覚える「瞬間記憶」が育つ

素早くカードをめくっていくので細かく理解するのでなく、写真のように記憶することが出来ます。記憶能力が高い幼児期にトレーニングしておくと、大人になってからも記憶力が高いといわれています。

「フラッシュカード」の効果その3 「瞬時に判断する力」が身につく

素早い反応速度についていくことで、脳の回転が早くなり、テンポの早い切り返しや判断力に繋がります。

「フラッシュカード」の効果その4 言葉を覚え、「語彙力」が高まる

フラッシュカードで大量にインプットされた言葉と絵は、繰り返し学習することで、自然に口から言葉が出てくるようになります。
子どものときに覚えた歌は、大人になっても歌えたりしますよね。未だに小学校の校歌や小さい頃好きだったアニメの歌が歌えたり・・・幼児期にインプットした情報は、より効果的に脳に知識として蓄積されます。
また「古文も百人一首もペラペラ!語彙力を鍛えるEQWELの教育法(https://eqwel-child.com/2020/12/11/392/)」でもお伝えした、子どもに対する声かけの3つの「T」も一緒に実践していただくことで、さらに語彙力はUPします。

ご家庭でフラッシュカードを使う上で気をつけること

EQWELの講師は研修に合格し、プログラムの仕組みと効果を理解しているプロですが、ご家庭で使われる際に気をつけていただきたいこともあります。

使う時間はコンパクトに、そして他の学習もバランス良く

フラッシュカードは短時間で大量の知識を得ることができます。
ただし、子どもの集中力は1〜2分程度しか続きません。長時間に及ぶと子どもの脳が疲れてしまったり、他の五感の発達にもなりません。
脳の活性化はすべての五感「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」すべてを育てることも大切です。
フラッシュカードは多くても1回1〜2分×5回の1日10分以内にとどめ、歌やボール遊び、お母さんとのふれあいなど、他の感覚を育てることもバランス良く行うことが大切です。
そしてたまにはお休みしてください。

また、短時間で終わることによって「もう少し見たいなぁ」という子どもの好奇心をくすぐることができます。

絵だけでなく、実物も見せてあげましょう

色、形、野菜、動物などさまざまな種類のカードがありますので、興味を持ったカードを見せてあげましょう。そして実物を見せてあげられるものであればぜひ見せてあげてください。

右脳が育つ!フラッシュカードとは?

たとえば動物のフラッシュカードを使ったあとは、動物園に行ったり難しければ動物のぬいぐるみやDVDを見るのもおすすめです。
そうすることによって、絵で得た知識を「触覚」「嗅覚」などより多くの感覚で体感することができ、より深い知識に繋がります。

通常の約4倍の語彙力を習得できるEQWELの教育法

右脳が育つ!フラッシュカードとは?

スポンジのよう幼児期の脳にフラッシュカードはたくさんの情報のインプットに役立ちます。幼児の脳は理解よりも先に大量にかつ高速でインプットすることで、語彙力と脳の成長につながるのです。

EQWELでは日本語は一般的な教育の約4倍の語彙力、英語コースでは6,000語以上の英単語を習得することを目標にしています。

フラッシュカード自体は近年の幼児教育では定番の取り組みではありますが、EQWELでは月齢による脳の成長にあわせてインプットからアウトプット、リピートなど異なるアプローチをしています。

まずは体験教室へ

3歳までの教育が脳の大きな成長の鍵になります。「うちはまだ早いのでは・・・」と思うかもしれませんが、EQWELでは0歳、むしろ胎教から受けられている方も多くいらっしゃいます。
早ければ早いほど脳の活性化につながるので、早期の幼児教育がおすすめです。

是非一度体験教室にお越しいただき、他のお子様の成長具合もご覧ください。

少しでもご興味を持たれた方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
→体験教室はこちら

胎教クラス(胎児)
ハッピーベビー(0.5ヶ月まで)
幼児クラス(0.6ヶ月~6歳)
小学生クラス(小学1年生~6年生)
英語クラス(幼児~6年生)

どのクラスをご希望かをお伝えください。体験可能な日時をお伝え致します。

2020年09月21日
英語は早いうちから学んだほうがいいの?

ネイティブを目指すには早期教育が大切

英語は早いうちから学んだほうがいいの?

世の中のグローバル化が進み、英語教育に力を入れる親御さんも増えてきています。
EQWELでも英語専門のコースがありますが、「どちらがいいの?」というご質問をよくいただきます。

英語コースは英語にだけ特化したコースですので、お子さまの地頭から育てたいという方は通常のコースの方がいいかもしれません。
片方だけ、両方受講される方もいらっしゃいますので、ぜひ一度ご相談下さい。

どちらにせよ、英語を自由に使いこなすには、できるだけ年齢の早いうちから英語力を育てることが必要です。
特に生まれてから10ヶ月ごろまでは脳は言語の音を最適な形で習得します。
1〜3歳の間で母国語と同じように左脳で処理でき、4〜6歳は左脳・右脳両方を必要とします。
11歳以降になると母国語と多国語はまったく別モノとして処理されます。

ネイティブ並みに外国語を使いこなせるためには、言語の学習に適した「発達性感受期」を逃さず、外国語学習を始めることがポイントです。

英語を早く学びすぎると日本語がおろそかになる?

英語を早く学びすぎると日本語がおろそかになったり、英語と日本語それぞれの理解が浅くなるという説があります。
全く間違いというわけではありませんが、気にする必要はありません。

というのも、国際結婚のお子さんは日本語・英語が不十分でしょうか?

これは日常的に両方の言語を十分に入出力しているからです。
両方の言語を豊かに入出力することによって、2つの言語が互いに刺激しあって言語感覚がより磨かれ読解力が高くなるという研究結果もあります。

英語耳を育てる英語のシャワー

英語は早いうちから学んだほうがいいの?

6歳まではどんな音も認識でき、それ以降は「聞いたことのある音」しか認識できないと言われています。
日本人の英語の発音力が低いと言われているのはそこに原因があります。

EQWELでは一生のうちで一番自然に言葉を吸収できる時期に、歌やフラッシュカード、絵本、フォニックスなど、楽しい教材を使いながらすべて英語で取り組みます。
ご家庭では専用の教材を使って英語の音環境をつくる方法をお伝えしています。

英語は早いうちから学んだほうがいいの?

幼児期にフラッシュカードを使い、約6,000語の英語のシャワーを浴びることで、語彙のインプットを行います。

歌・音楽ではナチュラルスピードの英語を聞き取れる耳をとネイティブな発音を育てます。
海外の文化に触れる取り組みとしても活用しています。

絵本では何回も短めの同じパターンの文章を繰り返し読み聞かせることで、お話できるようになり、ここから書く能力へと無理なくつなげていきます。

五感+第六感を活用して脳の回路を開くことが大切

英語は早いうちから学んだほうがいいの?

英語クラスでも一般クラスでも大切なのは、五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)と第六感を通じて、脳の回路を開くこと。
五感を使って子どもの好奇心を刺激しつつ楽しく繰り返し反復していくことで脳の奥の回路が開いていきます。
これが記憶力・頭の回転・やる気のある脳に育っていきます。

もちろん外国語の習得には日本語のインプットも大切です。
日本文化や言語をしっかり理解し、外国の文化・言語も理解できるというのが真のバイリンガルと言えるのではないでしょうか。

真のバイリンガルを育てるEQWELの英語教育

英語の早期学習はバイリンガルへの第一歩です。
とはいえ、英語を単なる言語というだけではなく、将来活用できる発音・理解力を育てる脳づくりがEQWELの英語教育です。

まずは体験教室へ

EQWELチャイルドアカデミー向日市教室と京都西(桂)教室では、英語を楽しく自然に学べる仕組みを使って学習していきます。

是非一度体験教室にお越しいただき、お子さまへの接し方の重要性を感じていただければと思います。

少しでもご興味を持たれた方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
→体験教室はこちら

胎教クラス(胎児)
ハッピーベビー(0.5ヶ月まで)
幼児クラス(0.6ヶ月~6歳)
小学生クラス(小学1年生~6年生)
英語クラス(幼児~6年生)

どのクラスをご希望かをお伝えください。体験可能な日時をお伝え致します。

2019年11月21日
幼児教室で人気のフラッシュカード。効果は?何のためにやるの?

フラッシュカードとは

季節の果物、季節の昆虫、日本史の偉人など様々なテーマごとに写真やイラストのしるされたカードを高速で先生がめくり、写真やイラストに合わせて先生がそのモノの名前を子どもたちに音声として伝える、視覚と聴覚の訓練です。

例えば玉ねぎのイラストを見せながら、先生が「玉ねぎ」と言います。
0.5秒後には次の茄子のイラストを見せながら「茄子」と言います。
これをテーマ毎に10~20枚程度を見せ、1日に10~20テーマほどのフラッシュカードを見せていきます。

あえて「理解できないスピード」で見せることにより、潜在意識に刷り込まれます。
そして、子どもが飽きる前に次々と見せることで、子どもが興味を示し続けます。

繰り返し毎日のようにやっていると、お子様が興味のあるカードの種類など出てきます。
そのカードが出てきたときは大喜びです。そんな楽しみもあるんだなーと思いながら、ご自宅でも保護者の方が楽しませながらやっていただけるとかなりの効果が期待できます。

では、一体どんな効果があるのでしょうか?
詳しくみていきましょう。

①視覚と聴覚の統合

赤ちゃんの脳は、視覚・聴覚・触覚などの、それぞれの感覚器官を通じて入ってくる情報が同じものだということを認識していません。例えばリンゴの場合、目の前にある赤くて丸いもの(視覚)が、「リンゴ」という音(聴覚)で、触ると固い(触覚)ということを大人ならば理解ができます。赤ちゃんはこれらが同じものだということを認識していないのです。

通常は保護者の方が「これがリンゴだよ~」と1つずつ教えてあげることで言葉とそのモノが結びつくようになっていきます。視覚と聴覚を、一気かつ大量に結びつけていくことができる方法が、フラッシュカードなのです。
触覚や嗅覚も鍛えたい場合は、フラッシュカードだけでなく実物に触れさせてあげるという方法で統合していくことも可能です。フラッシュカードは実物よりも大量インプットできることが最大のメリットと言えるでしょう。

②写真記憶の練習

「昨日食べた晩御飯」は何でしたか?肉じゃがとサラダとご飯とみそ汁だとします。
これらは、「肉じゃがとサラダと・・・」と言語で覚えたでしょうか?昨日の晩御飯の食卓が映像で出てきませんでしたか?これが写真記憶です。「今食べたものを覚えてください」と言われると、人は「ハンバーグとスープと・・・」と言語で記憶しようとします。

しかし、人間は本来「見たものをそのまま映像として脳に刻む」という能力を持っています。これが写真記憶です。この写真記憶能力を高めていくと、人の顔を覚えたり、思い出を刻むのに非常に役立ちます。また、イメージ力のアップにも繋がり、感性の豊かな人間へと育っていきます。

③語彙力アップ

人の身体は食べたもので作られ、人の脳は入れた情報でできていると言われています。つまりインプットされた情報しかアウトプットできないのです。保護者の方がたくさん話しかける子どもと、そうでない子どもを比べると、数千万語もの格差がでてくるとも言われています。
一度に大量の言葉をインプットすることができるフラッシュカードは、まさに語彙力を高める方法としては最大の効果があると言えます。

ちなみに子どもに言葉の難易度は関係ありません。例え非常に難しい英語だったとしても、フラッシュカードを継続して続けていると、いとも簡単に覚えてしまいます。
なぜならば、難しさという偏見がないことと、音やリズムで覚えているためです。楽しいリズムの曲であれば、歌詞の意味を考えなくても口ずさめてしまうのと同じ効果です。

④脳の回路活性化

フラッシュカードは同じものでも何日も、何か月も継続してインプットすることに意味があります。
スポーツや職人の世界では、まったくの素人でも同じことを500回やれば一人前なれると言われています。5000回やれば一流に、5万回やると超一流になれると言われているのです。それくらい、繰り返し反復するというのは効果があります。

人間の脳の特性として「繰り返し反復された情報は重要なもの」と認識し、脳の奥深くの回路へと入っていくのです。500回以上繰り返すことによって、短期記憶の脳から、海馬や間脳と言った長期大量記憶の脳の扉が開き始めるのです。

まだまだ奥が深いフラッシュカード

如何だったでしょうか?実はフラッシュカードは、年齢によってスピードを変化させたり、インプットのみならずアウトプットを組み込んでいくことでさらに効果を高めることができます。
年齢別の詳しいやり方などについては、また別の機会にて詳しくご紹介させていただきます。

まずは体験教室へ

EQWELチャイルドアカデミー向日市教室と京都西(桂)教室では、フラッシュカードに強い講師陣が授業を行っています♪
是非一度体験教室にお越しいただき、ご家庭でのやり方など質問してみては如何でしょうか。

少しでもご興味を持たれた方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
→体験教室はこちら

胎教クラス(胎児)
ハッピーベビー(0.5ヶ月まで)
幼児クラス(0.6ヶ月~6歳)
小学生クラス(小学1年生~6年生)
英語クラス(幼児~6年生)

どのクラスをご希望かをお伝えください。体験可能な日時をお伝え致します。